ネットスターの品質|品質検証

このページを印刷する

独自の品質管理基準に基づく品質検証のPDCA サイクル

私たちネットスターは、フィルタリングをはじめとするウェブアクセスマネジメント関連製品の提供を通じて、安全かつ効率的にインターネット利用ができる環境づくりを目指しています。フィルタリングの利用に際しては、「閲覧を止めたいサイト」がきちんと規制され、かつ必要なサイトが過剰に制限されることなく、円滑にインターネットを利用できることが期待されています。そうした期待に応え、「止めるべきものは確実に止め、業務に必要なサイトはブロックしないこと」を実現するため、私たちがご提供しているのがURLリストです。 果たして、それがどれだけ実現できているのかを調べるため、定期的にURLリストの品質を調査し、品質の維持向上に努めています。
(過去の調査はこちらからご覧になれます。)

ネットスターの品質管理 ユーザ目線で継続的に実施されている品質検証

フィルタリングの業界には、業界団体が定めたようなURLリストの品質管理基準がないため、ネットスターでは当社独自の基準を設け、基準を満たしているかどうかのチェックを行っています。ひとくちに品質向上といってもさまざまな側面がありますが、一番重要な点は当社のURLリストが実際に使っているユーザにとって違和感がないか、社会の変化に適応できているか、そのギャップを探し出し、埋めることです。
品質検証では、当社のURLリストにある膨大な数のウェブサイトを目視を含むいろいろな角度から評価し、カテゴリ分類が適切か、適切でないならばどう改めたらいいのかなどを検証します。また他社との精度比較も行っています。
このように地道なPDCA を繰り返し行うことで、URLリストの精度を高め、ユーザにとって使い勝手のよいフィルタリングを提供し続けたいと考えています。

品質管理担当 櫻井勝利

品質の追求こそ信頼を獲得する近道だと考えています
技術部品質管理課 櫻井勝利

 私は、主にURLリストの品質管理を担当しています。
 品質検証を担当する者は、常に公正かつ中立でなければなりません。また、自社に対して耳の痛い提言をすることも必要です。しかし、品質の追求こそ信頼を獲得する近道だと考えています。ネットスターのURLリストの精度をより一層高め、常にユーザ目線を忘れない姿勢を貫くことで、ネットスターブランドに対する信頼をますます高めていきたいと思っています。