会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

MDMシステムとURLフィルタリングブラウザが連携!
『SPPM2.0』URLフィルタリングオプション(NetSTARビジネスブラウザ)11月1日発売

2012年10月10日
株式会社AXSEED
ネットスター株式会社

 株式会社AXSEED(本社:東京都渋谷区 代表取締役:新明善彦 以下、「AXSEED」)は、同社が販売するモバイル端末管理(MDM:Mobile Device Management)システム『SPPM2.0』にネットスター株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:小河原 昇、以下「ネットスター」)が販売するスマートデバイス向けURLフィルタリングブラウザ『NetSTARビジネスブラウザ』を連携させた、『SPPM2.0 URLフィルタリングオプション(NetSTARビジネスブラウザ)』を11月1日(木)に発売します。

【『URLフィルタリングオプション(NetSTARビジネスブラウザ)』による『SPPM2.0』の追加機能】
SPPM2.0は純国産の最初の本格的なMDMシステムとして2007年にサービスを開始し、これまでに600社以上、合計端末台数7万台以上のお客様にご活用いただいております。
今回、ウェブコンテンツ・データベースを搭載した「NetSTARビジネスブラウザ」と連携することにより、MDMシステム上でURLフィルタリング設定が可能です。加えて、アクセス許可・不許可なURLを一つ一つ登録する必要なく、ルールを設定するだけで簡単に利用することが可能になりました。また、『SPPM2.0』により既存のブラウザをブロックし、『NetSTARビジネスブラウザ』のみを使用させることにより、強固なセキュリティを簡単に実現することができます。



追加機能① フィルタリングルール設定機能
法人において、最低限確保しておくべきセキュリティレベルの「薬物」「暴力」「ポルノ」などのカテゴリを「標準ポリシー」として初期設定されており、ポリシーの強度に応じて「6つのルール」からパターンを選択することができます。

フィルタのレベル
ルール概要
レベル1 (標準)
「薬物」「暴力」「ポルノ」等、利用リスクが特に大きな分野のみ制限
レベル2 
レベル1に加え、情報漏えい等の可能性がある参加・発信型サイトも制限  (「掲示板」「SNS」等)
レベル3
レベル2に加え、主に娯楽用途と思われる分野も制限 (「ゲーム」「オークション」等)
レベル4
レベル3に加え、業務情報収集に用いられる分野も制限 (「ニュース」「公共交通」等)
レベル5
懸念の対象となりうるすべての分野を制限 (「広告」「飲酒・喫煙」等)
レベル6
管理者が指定した除外サイト以外、全てのサイトのアクセスを制限

■追加機能② アクセスログレポート機能
全端末のフィルタリング結果のアクセスログを集計し、サマリーレポートとして出力することができます。
サマリーレポートの構成項目は、以下の3つです。
カテゴリ別アクセスレポート / 日別、時間別アクセス数集計 / 検索キーワードランキング


【製品概要】
◇販売対象 スマートフォンの業務利用を行う法人

◇導入方法
SPPMのオプションとしてURLフィルタリングオプション (NetSTARビジネスブラウザ)を選択(AXSEED社より販売)

◇対応OS  Android のみ販売

◇価格 月額 300円/台

◇参考URL http://www.axseed.co.jp/

※「ITpro EXPO 2012」(2012年10月10日~12日 東京ビッグサイト)のネットスター株式会社のブース(18-16)にて
ご案内致します。

【株式会社AXSEED】
東京都渋谷区渋谷 2-12-19 東建インターナショナルビル 8F
代表取締役 新明善彦
TEL.:03-5766-4150   FAX:03-5766-4151

【ネットスター株式会社】
東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル7F
代表取締役 社長 小河原 昇
TEL.:03‐5795‐4830   FAX:03‐5795‐4839

【本件に関するお問い合わせ先】
・SPPM2.0について
株式会社AXSEED 担当:広報 阿部・安田 03-5766-4150 pr@axseed.co.jp
・NetSTARビジネスブラウザについて
ネットスター株式会社  担当:管理部 吉井 03-5795-4937  pr@netstar-inc.com