会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスター、保護者向けの啓発イベント「警視庁フィルタリング特別展2011」開催に協力
~パネル展示や特別講座を通じて、フィルタリングの仕組みや活用方法を保護者に解説~

2011年3月10日
ネットスター株式会社

 URLフィルタリング製品技術・サービスの開発・提供およびURLリストの収集・分類・配信を行うネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下「ネットスター」)は、2011年3月23日から30日まで、中央区京橋の警察博物館内で開かれる啓発イベント「警視庁フィルタリング特別展2011」に協力することをお知らせします。子どもの成長に合わせた段階的なインターネット利用に欠かせないフィルタリングについて、その仕組みや活用のヒントを、パネル展示やパンフレット配布などで来場者に訴えます。また、同イベント内で3月26日に行われるフィルタリング特別講座では、講師を担当いたします。

 「警視庁フィルタリング特別展」は、警視庁主催の保護者向け啓発イベントで、青少年の犯罪被害を減らすため、コミュニケーションサイト等の利用をきっかけにした事件など、インターネット利用トラブルの実際を紹介するとともに、フィルタリング利用の促進を促すために開催しています。
 ネットスターでは、同イベントの中で、携帯電話でのフィルタリングの仕組みや、青少年のインターネット利用の現状やリスクについての解説、子どもの成長にあわせた段階的なインターネット利用の考え方などについて紹介するパネルやパンフレットを提供します。同イベント期間内に開催されるフィルタリング特別講座においては、スマートフォンやゲーム機など、保護者にとっては盲点となりがちな、新しいインターネット接続機器でのフィルタリング利用についても解説する予定です。

 ネットスターでは、フィルタリングの活用にはその仕組み面はもちろん、インターネット利用リスクについても、利用者一人一人が正しく理解していることが大切であると考え、各種の講演や専門情報サイトを通じた情報提供をこれまでも継続的に行っています。今後も様々な場所からのインターネットアクセスについて、誰もが安全・安心に利用できる環境を実現することで社会に貢献すべく、各自治体や公益団体等と共同したさまざまな取り組みを進めていきます。

■「警視庁フィルタリング特別展2011」およびネットスター担当講義について
開催期間:2011年3月23日水曜日から3月30日水曜日まで (ただし3月28日は休館)
主催:警視庁
場所:警察博物館
「フィルタリング特別講座」 開催日時:2011年3月26日土曜日13時~14時
演題:「保護者がいま知っておくべきフィルタリングの使い方」~パソコン、携帯電話からスマートフォン、ゲーム機まで~
講師:ネットスター株式会社 コーポレートコミュニケーション部 部長 高橋大洋
※イベント概要につきましてはこちらをご覧ください。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no3/welcome/welcome.htm

※NetSTAR、ネットスターはネットスター株式会社の商標または登録商標です。その他記載の社名、商品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

※上記イベントについては、東北関東大震災(2011年東北地方太平洋沖地震)の影響により中止となりました。