会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスター、奈良で開催される「子どもの携帯電話利用を考える全国市民会議」で講義を実施
~フィルタリングの仕組みや利用上の注意点を、自治体認定のインストラクターや行政関係者向けに解説~

2011年2月22日
ネットスター株式会社

 URLフィルタリング製品技術・サービスの開発・提供およびURLリストの収集・分類・配信を行うネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下「ネットスター」)は、2011年2月26日に奈良市内で開催される「子どもの携帯電話利用を考える全国市民会議in奈良」(主催:ぐんま子どもセーフネット活動委員会、青少年を有害環境から守る奈良コンソーシアム、後援:奈良県)において、フィルタリングの仕組みなどについての講義を行なうことをお知らせいたします。

 「子どもの携帯電話利用を考える全国市民会議」は、全国各地でネット・ケータイの利用リスクから子どもたちを守る活動を続けている保護者や学校関係者、自治体担当者などが、それぞれの活動内容の発表や情報交換等を通じて、諸課題を共有し活動の連携を促進するとともに、解決の方向性をともに探ろうとするもので、第1回は2009年11月に京都市内で開催されています。
 第2回となる今回は、一部自治体が運営する啓発活動支援制度等により認定された市民インストラクターや、行政関係者など計100名強が、全国約20の自治体から参加し、子どもたちを取り巻くインターネット利用環境の現状整理と今後の課題を共有します。
 ネットスターでは、フィルタリングの活用にはその仕組み面はもちろん、インターネット利用リスクについても、利用者一人一人が正しく理解していることが大切であると考え、各種の講演や専門情報サイトを通じた情報提供をこれまでも継続的に行っています。今回の会議では、今後子どもたちへも急速に普及することが予測されているスマートフォンやゲーム機など、新しいインターネット接続機器についても課題の共有が図られる予定です。ネットスターでは、フィルタリング技術の提供事業者という専門家の立場から、これら新しい機器のフィルタリングの仕組みに焦点を合わせた解説を担当します。
 ネットスターは、今後も様々な場所からのインターネットアクセスについて、誰もが安全・安心に利用できる環境を実現することで社会に貢献すべく、各自治体や公益団体等と共同したさまざまな取り組みを進めていきます。

■「子どもの携帯電話利用を考える全国市民会議in奈良」におけるネットスター担当講義について
主催:ぐんま子どもセーフネット活動委員会、青少年を有害環境から守る 奈良コンソーシアム
後援:奈良県
日時:2011年2月26日(土曜日) 13時~17時30分
場所:奈良市中部公民館
演題:フィルタリングの仕組み概説~新しい接続機器について注目すべきポイント~
講師:ネットスター株式会社 コーポレートコミュニケーション部 部長 高橋大洋
※会議全体の内容、その他詳細につきましてはhttp://www.pref.nara.jp/dd_aspx_itemid-59730.htm#moduleid30270をご覧ください。