会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスター、栃木県で開催される情報モラル指導者研修会の講師を担当
~子どものインターネット利用リスクや主な対策を、自治体職員や教職員、PTA関係者などに解説~

2010年10月29日
ネットスター株式会社

 URLフィルタリング製品技術・サービスの開発・提供およびURLリストの収集・分類・配信を行うネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下「ネットスター」)は、本年11月29日に栃木県総合教育センターが開催する「情報モラル指導者研修」において、子どものインターネット利用リスクの正しい理解やネットトラブルなどへの対策の考え方、フィルタリング活用方法などについての、研修講師を担当することをお知らせいたします。

 栃木県総合教育センターでは、子ども達のネットトラブルやネットいじめを防ぐために、自治体職員や教職員など、情報モラル教育に関わる県内指導者向けの研修会を毎年開催しています。
今年度の研修会は、ネットスターの担当者からの「子どもを取り巻くネット社会の現状~今、大人が知らなくてはいけないこと~」と題した講義の後、午後のセッションでは総合教育センター職員がファシリテーターとなり、「ネットトラブル、ネットいじめへの対応」について演習・意見交換を行なうという構成での開催が計画されています。

 ネットスターでは、フィルタリングの活用にはその仕組み面はもちろん、インターネット利用リスクについても、利用者一人一人が正しく理解していることが大切であると考え、各種の講演や専門情報サイトを通じた情報提供を継続的に行っています。今回の研修会は、栃木県内の社会教育・学校教育における情報モラル教育の指導者が集まる貴重な機会でもあり、フィルタリングだけに留まらず、ネットスターが事務局をつとめる専門家会議「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」での調査・研究の成果も含めた、より広い範囲についての講義を行なうこととしています。
 ネットスターは、今後も様々な場所からのインターネットアクセスについて、誰もが安全・安心に利用できる環境を実現することで社会に貢献すべく、各自治体や公益団体等と共同したさまざまな取り組みを進めていきます。

■研修会について
主催:栃木県総合教育センター
日時:2010年11月29日(月) 10時から16時
場所:栃木県総合教育センター
対象:県・市町社会教育関係職員、教職員、PTA関係者、青少年健全育成団体関係者、情報ボランティア 等(定員70名)
演題:「子どもを取り巻くネット社会の現状~今、大人が知らなくてはいけないこと~」
講師:ネットスター株式会社 コーポレートコミュニケーション部 部長 高橋大洋

■商標等

NetSTAR、ネットスターはネットスター株式会社の商標または登録商標です。その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。