会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスター、北海道高等学校PTA連合会が主催する研修会にて講演
~子どもネット研事務局として、子どもたちのインターネット安全利用についての講演講師を担当~

2009年10月13日
ネットスター株式会社

 URLフィルタリング製品技術・サービスの開発・提供およびURLリストの収集・分類・配信を行うネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下「ネットスター」)は、2009年10月16日に北海道高等学校PTA連合会が開催する安全対策研修会で、保護者向け講演を担当することをお知らせいたします。
これは、「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」(座長:お茶の水女子大学 教授 坂元 章、以下「子どもネット研」)が進める保護者向け啓発活動の一環です。

 ネットスターは、Yahoo! JAPANと共同で、2008年4月に専門家会議「子どもネット研」を設立しました。子どもネット研では、保護者向けのモデル教材を開発・提供しています。同年11月からは教材の提供だけに留まらず、保護者の問題意識等を把握するために、モデル教材を使い、事務局による保護者向けモデル講演を実施しています。これまでに社団法人全国高等学校PTA連合会の協力を得て、大分県と千葉県で開催いたしました。三回目の今回は、北海道高等学校PTA連合会が主催、同胆振支部が主管する、PTA会員・教職員向け研修会にてネットスターが講演を担当いたします。

 ネットスターでは、フィルタリングの活用にはその仕組み面だけでなく、インターネット利用の危険性を、利用者自身が正しく理解していることが大切であると考え、子どもネット研の活動だけでなく、各種講演や専門情報サイトを通じた情報提供に努めています。今回の講演では、高校生のインターネット利用に関する問題点を整理した上で、その対策全般や「保護者にしかできないこと」を解説します。
 ネットスターは今後も、様々な場所からのインターネットアクセスについて、誰もが安全・安心に利用できる環境を実現すべく、自治体や公益団体等と共同したさまざまな取り組みを進めていきます。

■平成21年度北海道高等学校PTA連合会胆振支部 安全対策研修会
主催:北海道高等学校PTA連合会(主管:北海道高等学校PTA連合会胆振支部)
日時:2009年10月16日 15時20分~17時10分
場所:蓬莱殿(室蘭市宮の森町)
来場:胆振管内高等学校加盟校のPTA会長・会員、校長・教職員 約100名
演題:子どもたちのケータイ利用の本当のリスク ~いま、保護者が知っておかなければいけないこと~
講師:ネットスター株式会社 コーポレートコミュニケーション部 部長 高橋大洋

■商標等
 NetSTAR、ネットスターはネットスター株式会社の商標または登録商標です。その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。