会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスター、家庭向けフィルタリングサービスの対応ルータを追加
~コンセント接続だけで使えるPLCアダプタ機器上でのURLフィルタリングを業界で初めて実現~

2007年6月11日
ネットスター株式会社

 ネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下ネットスター)は、「インターネット悪質サイトブロックサービスfor BBルータ」(以下悪質サイトブロックサービス)の対応ルータを追加することを発表いたします。今回追加対応するのは、日本電気株式会社ならびにNECアクセステクニカ株式会社よりこのほど発表された高速無線LANルータAtermWR8400Nおよびルータ内蔵型のPLCアダプタAtermCR2500Pです。

 悪質サイトブロックサービスは、家庭とインターネットを結ぶ「出入り口」に位置するブロードバンドルータや無線LANアクセスポイント上で動作するURLフィルタリング(閲覧先管理)サービスです。法人では一般的なゲートウェイ型URLフィルタリング製品と同様の仕組みのため、家庭内にパソコンが複数台ある場合はもちろん、ニンテンドーDSやPSPなどの携帯ゲーム機、Wiiなどの据置型ゲーム機などについても、それぞれの機器へのソフトウェアのインストール等の手間なく、ルータ上で一括して閲覧先管理を行なうことができます。

 従来、NECアクセステクニカ製品のうち、高速無線LANルータAtermWR8200Nでのみ悪質サイトブロックサービスの利用が可能でしたが、今回の追加によって、同社製品合計3製品4モデルで利用いただけることになります。このうち、ルータ内蔵型のPLCアダプタ上でのURLフィルタリングサービスは業界初となります。悪質サイトブロックサービス自体のサービス内容や提供価格については、従来と同等です。

  ネットスターでは、パートナー企業との技術協力により、家庭向け法人向けの組み込み型URLフィルタリングサービスの提供をより一層拡大し、あらゆる情報機器からのインターネット利用シーンにおいて、安心安全な環境づくりに貢献していきます。

■悪質サイトブロックサービスについて
●サービス価格: 3,150円/年(税込み) ●対応ルータ: NECアクセステクニカ製AtermWR8400N ほか3製品4モデル、コレガ製CG-WLBARGMHほか4製品8モデル ●提供元:ネットスター株式会社
●お問い合わせ先URL:http://gbb.netstar.jp 電話:03-5795-4628(ネットスター株式会社 営業部)

■ネットスター株式会社について
ネットスターは、URLフィルタリングエンジン技術の開発とURLリストの収集と分類・配信を行なう専門企業です。そのURLリストは、法人向けでは国内最大の四割を超えるシェアを記録しているほか、携帯電話向けのURLフィルタリング(閲覧先管理)サービスおよび迷惑メール対策サービスにおいても、NTTドコモおよびソフトバンクモバイルの二社で採用されています。これらの詳細はhttp://netstar.jpでもご紹介しています。