会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスター、「フィルタリング普及啓発アクションプラン2007」に参画
~普及の鍵となる「フィルタリングの必要性や仕組み」理解の場として企業ブログも試行中~

2007年6月1日
ネットスター株式会社

 URLフィルタリング製品の開発およびURLリストの収集・分類・配信を行う専門企業、ネットスター株式会社(本 社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原昇、以下ネットスター)は、インターネット関連の主要6団体が共同でまとめた「フィルタリング普及啓発アクションプラン2007」に、昨年度に引き続き参画し、各種普及啓発活動に一層の貢献をしていくことをお知らせします。ネットスターでは、フィルタリングの認知度7割程度まで高まった現状から、今後はフィルタリングの必要性や仕組みの理解が利用促進の鍵を握ると考えています。これに向けた具体 施策として、企業ブログを開設した他、各種啓発セミナへの講師派遣などをより積極的に行なう計画です。

 「フィルタリング普及啓発アクションプラン2007」は、フィルタリングをインターネット利用の弊害の部分から青少年を守るために有効な手段の一つと捉え、その普及を図るためのものです。政府のIT 戦略本部が本年4月にまとめた実現目標の一つである「ネット上の違法・有害情報に起因する被害の抜本的減少を目指した集中対策」の一部となるべく、インターネットのインフラやパソコンなどを提供する各団体がそれぞれ作成したものが、本日、6 月1 日に 共同発表されています。

 この「普及啓発アクションプラン」は昨年3月に初めて策定されました。ネットスターでは、1)家庭でのフィルタリングに最適な、ブロードバンドルータ組み込み型サービスの提供開始、2)専門家として、公的な会議等でのフィルタリング技術解説や講演に協力、3)独自調査を複数回行い、その結果から子どものインターネット利用に関わるリスクを啓発、4)NTTドコモ、ソフトバンクモバイル向けにフィルタリング用URL リストを提供するなどの形で、活動の一翼 を担ってきました。
  各団体による活動の結果、平成16年度に4割だったフィルタリングの認知状況は、7割※まで高まるという成果が得られました。その一方、「聞いたことはある」というレベルの回答がなお半数近く※を占めていす。 そのため今年度、ネットスターでは昨年度活動の継続・拡張に加え、5)フィルタリング利用を考える多くの保護者との対話型コミュニケーションの場として、企業ブログを運営、6)啓発セミナ等への講師派遣などの活動を行なって いきます。

 ネットスターでは、今後もパソコンや携帯電話、ゲーム機など、さまざまな端末からのインターネットアクセスについて、誰もが安心してご利用いただける環境を実現することで社会に貢献すべく、より多くのパートナーとさまざまな 形態での協業やサービス提供、研究開発を進めていきます。

■ネットスターのフィルタリング普及啓発への貢献について

1)家庭でのフィルタリングに最適な、ブロードバンドルータ組み込み型サービスの提供開始
  家庭にある複数台のパソコン、ネット接続可能なゲーム機など、全ての機器上にソフトを追加インストールする 従来方式は効率的とは言えません。ネットスターは、ルータ・無線アクセスポイント機器上で動作するフィルタリングサービスを、各メーカーと共同開発。インストールやパソコンへの負荷の心配なく、全ての機器を一元的 にフィルタリング可能な「インターネット悪質サイトブロックサービス for BB ルータ」として提供しています。

2)専門家として、公的な会議等でのフィルタリング技術解説や講演に協力
  警察庁が設置した「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」など、公的な会議でフィルタリング技術の解説を行い、フィルタリングに対する正しい理解の広がりに努めています。

3)独自調査を複数回行い、その結果から子どものインターネット利用に関わるリスクを啓発
 「ワンクリック詐欺サイトの登録数が前年比7 倍に」(2006 年5月)、「朝日小学生新聞と共同で「親子インターネット利用アンケート」を実施」(2006年9月)、「ワンクリック詐欺、芸能ゴシップサイトからの誘導が5割に急増」(2006年10月)、「8割の子どもが保護者の目の届かないところでネットを利用」(2007年2月)など、独自調査に基づく報道発表を行なっています。

4)NTT ドコモ、ソフトバンクモバイル向けにフィルタリング用URL リストを提供
  携帯電話専門チームを組織し、フィルタリングサービスに必要不可欠なURLリストを提供しています。これらに合わせ、電気通信事業者協会の進める広報活動への協力も行なっています。

5)フィルタリング利用を考える多くの保護者との対話型コミュニケーションの場として、企業ブログを運営
  「親子で話そう!子どものあんしんインターネット」(http://www.hanasonet.com/)を本年4 月に開設しました。

6)啓発セミナ等への講師派遣
  財団法人インターネット協会などが行なうインターネット利用リスク啓発セミナに、講師派遣等で協力します。


■ネットスター株式会社について
 ネットスターは、URL フィルタリングエンジン技術の開発とURL リストの収集と分類を行い、常に最新のURLデータベースを作成・配信する専門企業です。同社のURLデータベースは、法人向けでは国内最大の4割を超えるシェアを記録しているほか、家庭向けではブロードバンドルータ上でのフィルタリングサービスなどでも利用されています。また、青少年保護の観点から急速に注目が集まっている携帯電話向けのURLフィルタリング(閲覧制限)サー ビスおよび迷惑メール対策サービスにおいても、NTTドコモおよびソフトバンクモバイルの二社にて採用されています。これらの詳細についてはウェブサイトhttp://netstar.jp でご案内しています。

■商標等
NetSTAR、ネットスターはネットスター株式会社の商標または登録商標です。その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。