会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスター、ヤマハ製ファイアウォール・ルーター向けにURLフィルタリングサービスを提供
~SOHO、中小規模企業ネットワークのセキュリティ強化に、ヤマハと共同での取り組みを開始~

2007年2月6日
ネットスター株式会社

 URLフィルタリング製品技術の開発およびURLリストの収集・分類・配信を行うネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下「ネットスター」)は、ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市 代表取締役社長:伊藤 修二、以下「ヤマハ」)が本年4月下旬に発売するSOHO、中小規模向けファイアウォール・ルーターの新製品SRT100に、ネットスターのURLフィルタリングサービスが対応することをお知らせいたします。

 現状、URLフィルタリングの導入方法は、ゲートウェイサーバ上でのソフトウェアの利用が主流です。しかし、SOHOや中小規模の企業ネットワークにとっては、ゲートウェイサーバ構築・維持のコスト負担が大きいことから、国内市場でのURLフィルタリングの利用は大企業や公共団体が先行しています。
 これに対してネットスターでは、ゲートウェイサーバ向けソフトウェアの他にも、主に中小規模企業を対象としたマネージドセキュリティサービス向けにURLデータベースを提供するなど、企業・公共市場向けのURLフィルタリング普及の取り組みを続けてきました。
 このたびネットスターが提供を開始する、ヤマハSRT100向けのURLフィルタリングサービスは、ゲートウェイサーバに比べ、導入・維持コストが大幅に抑えられるファイアウォール・ルーター上で動作するため、SOHO、中小規模の企業ネットワークでのURLフィルタリング導入を容易にします。なお、同サービスの詳細については、後日改めてご案内いたします。

 今回ヤマハが発売する新製品SRT100は、国内SOHO市場でのトップシェア※1を誇るヤマハ製VPNルーターの各機能を引き継ぎ、信頼性の高いセキュリティ機能を加えたファイアウォール・ルーターです。SOHO、中小規模の企業ネットワークにて、高いセキュリティレベルでのインターネット接続を実現することをねらいとしています。
 セキュリティ機能面の強化に加え、SRT100は、オンライン詐欺や不正コード配布サイト等の悪質サイトへの接触を防ぐ、ウェブメールや掲示板などからの情報漏えいの危険性を抑えるなど、ウェブアクセスの安全性をより高めるために、信頼性の高い外部データベースを用いたURLフィルタリングサービスに対応します。
 対応する外部データベースの選考にあたっては、法人向け国内トップシェア※2の実績を持つこと、および家庭向けブロードバンドルーター上でのURLフィルタリングサービスを、2006年より複数社に提供中であることなどが評価され、ネットスターのURLフィルタリングサービスが採用されました。

 ネットスターでは、今後ともさまざまな製品・サービスにURLデータベースを提供していくことで、誰もが安心してインターネットをご利用になれる環境を実現していきます。

※1 IDCJapan報道発表2006年5月
※2 富士キメラ総研「2005ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」

■ネットスター株式会社について
 ネットスターは、URLフィルタリングエンジン技術の開発とURLリストの収集と分類を行い、最新のURLデータベースを作成・配信する、国内では数少ない専門企業です。同社のURLデータベースは、法人向け・家庭向けのURLフィルタリング製品だけにとどまらず、NTTドコモやソフトバンクモバイルのURLフィルタリングサービスや迷惑メール対策にも採用されています。http://netstar.jp

■商標等
 NetSTAR、ネットスターはネットスター株式会社の商標または登録商標です。その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。