会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスター、ルータ対応インターネット悪質サイトブロックサービスの提供拡大
~NECアクセステクニカ製 AtermシリーズでURLフィルタリングを実現~

2006年10月18日
ネットスター株式会社

ネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下ネットスター)は、NECならびにNECアクセステクニカ株式会社が11月上旬から出荷を開始する高速無線LANルータAtermWR8200Nが、「インターネット悪質サイトブロックサービスfor BBルータ」(以下悪質サイトブロックサービス※1)に対応することを発表いたします。

現在、家庭で複数台のパソコンをインターネットに接続するケースが増えております※2。また携帯ゲーム機など、パソコン以外からのインターネット利用も、拡大が予想されています。ネットスターでは従来から家庭向けに、パソコンにインストールするタイプのURLフィルタリング製品や、ISPのゲートウェイを通してURLフィルタリングを実現するサービスなどを提供しておりました。しかし今後は、家庭でのインターネットの利用が、パソコンからだけでなく、携帯ゲーム機やネット家電等に広がりを見せることが予想されます。そのため、個々のインターネット接続端末ではなく、家庭でのゲートウェイとなるルータで、一括して悪質サイトへの接続をブロックすることが期待されています。このことからネットスターでは、パートナー企業との技術協力による、組み込み型URLフィルタリングサービスの提供を進めて参りました。そして今回、NECアクセステクニカ製Atermシリーズへの悪質サイトブロックサービスの対応が実現いたしました。

また、本発表に際しNECアクセステクニカ株式会社マーケティング本部 主任 矢田部弘長様から以下のコメントをいただいております。
「ネットスター様の悪質サイトブロックサービスを、Atermシリーズのお客様に提供できることを嬉しく思います。365日約35人体制で目視によるサイト分類を実施しているネットスター社のデータベースの信頼性が採用のポイントでした。インターネット接続回線の高速化とともに、インターネット接続端末の拡大もめざましいものがあります。ゲーム機やネット家電などを含め、AtermWR8200Nを介してインターネットに接続するすべての端末を、悪質サイトからまとめて守ることで、製品のセキュリティがレベルアップすると共に、安心のインターネット接続環境をお客様に提供できることに期待しています。」

ネットスターでは、今後もパートナー企業との技術協力による、組み込み型URLフィルタリングサービスの提供を拡大していくことで、あらゆる情報機器からのインターネット利用シーンにおいて、安心かつ安全な環境を提供していきます。

※1 悪質サイトブロックサービスは、日本PTA全国協議会推薦のサービスです。

※2 2006年9月ネットスター株式会社 「第四回家庭におけるインターネット利用実態調査」
http://www.netstar-inc.com/press/press061011.html

■ネットスター株式会社について
ネットスターは、URLフィルタリングエンジン技術の開発とURLリストの収集と分類を行い、最新のURLデータベースを作成・配信する、国内では少ない 専門企業です。同社のURLデータベースは、法人向け・家庭向けのURLフィルタリング製品だけにとどまらず、NTTドコモやソフトバンクモバイルなど、携帯向けURLフィルタリングサービスにも採用されています。http://netstar.jp

■サービス関連ウェブサイト
悪質サイトブロックサービス:http://gbb.netstar.jp
AtermStation:http://121ware.com/aterm/

■商標等
NetSTAR、ネットスターはネットスター株式会社の商標または登録商標です。「Aterm」は日本電気株式会社の登録商標です。その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。