会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ワンクリック詐欺、芸能ゴシップサイトからの誘導が5割に急増
~ネットスター、ワンクリック詐欺サイトの最新動向を発表~

2006年10月12日
ネットスター株式会社

URLフィルタリング製品の開発およびURLリストの収集・分類・配信を行う専門企業、ネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇 以下「ネットスター」)は、同社のURLリサーチセンターが本年7月から9月の3ヶ月間で発見・登録したワンクリック詐欺サイトのうち、芸能人のゴシップなどをネタとした芸能情報サイトと見せかけ、ワンクリック詐欺サイトに誘導するものが、ネットスターで確認しているワンクリック詐欺サイト全体の5割に急増していることが分かりました。ネットスターでは、このような芸能情報と思わせるサイトからの、ワンクリック詐欺誘導に注意を呼びかけていきます。

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)によると、ワンクリック詐欺サイトによる被害報告が、アダルトサイト以外からも発生しています※1。これを受けネットスターでは、同社のURLリサーチセンターが確認・登録しているワンクリック詐欺サイトの最新傾向に調査いたしました。結果、昨年2005年7月~12月の半年間にネットスターのURLデータベースに登録されたワンクリック詐欺サイトのうち、7割以上がアダルトサイトや出会い系サイトからの誘導によるものでした。しかし最近になり、「芸能界の裏話」や「芸能人の噂」など、芸能情報や芸能ゴシップを掲載しているかのようなサイト、芸能人の名前を使ったサイトなどから、ワンクリック詐欺サイトに誘導する手口が増えていることが分かりました。このようなサイトは、本年7月から9月の間でURLデータベースに登録されていたワンクリック詐欺サイト全体の約5割に上っています。これらサイトでは、芸能人の写真画像を掲載し、画像やリンク等からワンクリック詐欺サイトに誘導するのが特徴で、ブログとして制作されているものが圧倒的に多いのが現状です。ワンクリック詐欺業者は、ブログ開設の手軽さを利用し、ポータルサイト等が提供する無料のブログサービスを使い、このような偽の芸能ゴシップブログを複数立ち上げています。この結果、ワンクリック詐欺サイトへの誘導口が格段に増えていることが推測されます。

【芸能ゴシップブログから、ワンクリック詐欺サイトへの誘導の仕組み】

ワンクリック詐欺サイトへの誘導の仕組み




小中学生を持つ家庭の保護者に調査したところ、3割以上の子どもが、タレントや芸能関連のサイトを「しばしば利用している」、或いは「たまに利用している」と回答しています。また子どもに限らず、テレビを観ながらインターネット検索をするという大人も約7割おり、そのうちの4割以上が「テレビの情報から、芸能人の名前や話題を見聞きして、さらに詳しく調べたいとき」にと回答しています。検索エンジンを使い、芸能情報や芸能人名を調べるうちに、ワンクリック詐欺に誘導するような悪質サイトに、安易に到達してしまう危険性があり、注意が必要です。(※添付の調査データ参照)

また最近では、ワンクリック詐欺の手口が悪質・巧妙化しています。新たな手口として、「登録ありがとうございます!」と称して金銭の振込みを促すだけでなく、「サポート窓口」を設けて問い合わせを受付け、閲覧者の個人情報を詐取しようとするものが出てきています。閲覧者の中には、突然高額な料金を請求されたことでパニックに陥り、身に覚えが無いからとワンクリック詐欺業者に問い合わせを入れてしまうケースが考えられます。


ワンクリック詐欺サイトの新手口




ネットスターでは、ワンクリック詐欺サイトや、その誘導経路となる偽芸能ゴシップサイトを発見・確認した際には、同社のURLデータベースの「違法と思われる行為」カテゴリに登録しています。また、これらサイト以外の、通常の芸能情報サイトに関しては、各サイト内容に併せて「タレント・芸能人」カテゴリ、もしくは「娯楽一般」カテゴリ等に適時登録しております。悪質な芸能情報サイトに近づかずに、インターネット利用を楽しむためにも、URLフィルタリング製品・サービスの導入が重要となります。

ネットスターでは、こうした詐欺サイトへの誘導を目的とした悪質サイトの発見と、URLデータベースでの配信に、これまで以上に注力していくと共に、今後ともさまざまな製品・サービスにURLデータベースを提供していくことで、誰もが安心してインターネットをご利用になれる環境を実現していきます。
※1 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) http://www.ipa.go.jp/security/txt/2006/10outline.html

【第四回 家庭におけるインターネット利用実態調査】
▼「子どもが利用するサイト」(⇒グラフ1
タレントや芸能関連のサイトを「よく利用している」或いは「時々利用している」子どもが32.2%

▼「テレビを観ながら、或いは、テレビを観た直後のネット検索とその理由」(⇒グラフ2グラフ3
大人の7割が、テレビを観ながら或いはテレビを観た直後に、ネット検索を行うという。またその目的としては、47%が「芸能人の名前や話題を見聞きして、さらに詳しく調べたいとき」と回答。

■ネットスター株式会社について
ネットスターは、URLフィルタリングエンジン技術の開発とURLリストの収集と分類を行い、最新のURLデータベースを作成・配信する、国内では数少ない専門企業です。同社のURLデータベースは、法人向け・家庭向けのURLフィルタリング製品だけにとどまらず、NTTドコモやソフトバンクモバイルのURLフィルタリングサービスや迷惑メール対策にも採用されています。http://netstar.jp

■商標等
NetSTAR、ネットスターはネットスター株式会社の商標または登録商標です。その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。