会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

家庭でのネット利用、保護者の心配の元、拡がる
家庭におけるインターネット利用実態調査から、ネット利用端末の拡大と悪質サイトへの不安が明らかに

2006年10月11日
ネットスター株式会社

URLフィルタリング製品技術の開発およびURLリストの収集・分類・配信を行うネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下「ネットスター」)は、このたび同社が実施した第四回「家庭におけるインターネット利用実態調査」の結果をお知らせします。

同調査結果の主なポイントとしては、以下の2点が挙げられます。

(1)複数台の情報機器を、インターネットに接続している家庭が5割に。
家庭での情報機器の所有が、パソコン1台だけでは無くなってきている。パソコンを含めた情報機器を複数台を所有し、かつ、インターネットに接続していることが分かった。また、携帯ゲーム機も、パソコンと同じくらいの割合で所有していることが分かった。

(2)子どものネット利用状況を把握したい保護者が8割以上。
子どものネット利用を、「必ず把握しておきたい」「できれば把握しておきたい」とする保護者が8割に上った。また、URLフィルタリングについても、「必要だと思う」との回答が5割以上となった。

ネットスターでは、今回の調査で得られた知見を、家庭でのURLフィルタリングの普及・啓発活動に役立てて参ります。

■調査の背景
インターネット接続回線や無線LANの高速化と共に、パソコンを始めとするネット利用端末の拡大が見られています。今回の調査では、それらのネット利用端末が、実際、どの程度家庭に普及しているのか。また、保護者は、子どもがこれら情報機器からインターネットを利用することに対し、どのような意識を持っているのか、把握することを目的としています。

■調査方法
本調査は、ネットスターが株式会社マクロミルに委託して、2006年9月6日および7日に実施したものです。 調査方法はウェブアンケート方式です。20代から40代までの、家庭でインターネットを利用している小学生・中学生の子どもを持つ保護者を対象としています。年齢構成は、20代が0.8%、 30代36.8%、40代62.4%。男女構成比は男性が50%、女性が50%。有効回答数は516件でした。

■主な回答結果について
●自宅にある情報機器の種類とインターネットへの接続状況(⇒グラフ1)(⇒グラフ2
2台以上のパソコンをもつ家庭が5割以上となった。また、携帯ゲーム機を所有する家庭も同じく5割以上の高い割合となった。インターネットへの接続については、5割近くの家庭が、2台以上のパソコンをインターネットに接続していると回答。携帯ゲーム機でのネット接続に関しては、所有率が高いことから、今後本格化が予想される。

●ネット接続している情報機器の台数(⇒グラフ3グラフ4
2台以上の情報機器を、インターネットに接続している家族が5割以上。複数台接続の方法としては、無線LANの利用が有線LANを上回った。

●無線LANのセキュリティ対策、未対応の家庭も。(⇒グラフ5
暗号化をかけているとの回答が54%だったが、逆に、未対応と答える人も46%に上った。第三者が、家庭の無線LANに自由にアクセスできる状態では、不正利用の危険性が否定できない。

●保護者の心配は今回も詐欺サイトへの接触(⇒グラフ6
本年3月に実施した前回調査と変わらず、ネット詐欺サイトに接触することの不安が、保護者の間で広がっているといえる。

●子どものネット利用は把握したい(⇒グラフ7
8割以上の保護者が、子どものネット利用は「必ず把握しておきたい」或いは「できれば把握しておきたい」という。

●URLフィルタリングの導入率は2割未満。しかし必要だと思う保護者は依然多い(⇒グラフ8)(⇒グラフ9
パソコン向けのフィルタリングを17%、携帯向けで5%が利用しているといい、利用状況は依然低い。しかし、東京都を始めとする各自治体や政府等による、パソコン/携帯向けURLフィルタリングの普及啓発の動きを受けてか、多くの保護者が「必要だと思う」と回答。今後の普及が期待される。

インターネットの利用環境の変化により、家庭でのインターネット接続端末も、パソコンに限らず携帯ゲーム機やネット家電等、広がりを見せるようになった。それに伴い、子どもが利用する情報端末も、拡大が予想される。今後、すべての情報端末からのインターネット利用を、きちんと管理することが重要となるだろう。

■ネットスターについて
ネットスターは、URLフィルタリングエンジン技術の開発とURLリストの収集と分類を行い、最新のURLデータベースを作成・配信する、国内では少ない専門企業です。同社のURLデータベースは、法人向け・家庭向けのURLフィルタリング製品だけにとどまらず、NTTドコモの「キッズ iモード プラス」やソフトバンクモバイルの「ウェブ利用制限」など、携帯向けURLフィルタリングサービスにも採用されています。http://netstar.jp

■商標等
※NetSTAR、ネットスターはネットスター株式会社の商標または登録商標です。※その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。