会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスターのURLフィルタリングが、
ポータルサイト「i-revo(アイレボ)」のISPサービス全コースで標準採用
~幅広い年齢層に愛されるポータルサイトの安心感を、実績と信頼のURLフィルタリングでバックアップ~

2006年3月14日
ネットスター株式会社

 URLフィルタリング製品の開発およびURLリストの収集・分類・配信を行う専門企業、ネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下ネットスター)は、株式会社インターネットレボリューション(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 一也)が、3月14日に本格サービスを開始する、インターネットポータルサイト「i-revo(アイレボ)」のプロバイダサービス「i-revoアクセス(アイレボアクセス)」全コースにて、ネットスターのURLフィルタリングが標準採用されたことをお知らせします。


 「i-revoアクセス(アイレボアクセス)」は、ポータルサイト「i-revo」のインターネット接続サービスです。フレッツ回線をベースにした「あんしんインターネット」と携帯電話、PHS、無線LANなどに対応した「どこでもインターネット」の2サービスが提供され、これらのいずれにおいても、お客様の希望にあわせて有害サイトへのアクセスをブロックする「i-revoガードマン(アイレボガードマン)」が、無償で利用可能となります。

 「i-revoガードマン(アイレボガードマン)」は、インターネットブラウザInternet Explorerのツールバーとして提供されるURLフィルタリングソフトで、初めての方でもごく簡単な準備と設定ですぐにご利用いただけるのが特徴です。「i-revoガードマン(アイレボガードマン)」には、国内で最も多く使われている※ネットスターのURLデータベースが採用されており、特に最近URLフィルタリングの利用が推奨されている「お子さま」向けの、不適切なコンテンツの閲覧制限はもちろん、大人でも不安を感じているワンクリック詐欺など、リスクの高いウェブサイトについても高い精度でブロックが可能です。

 ネットスターは、既にNTTドコモやボーダフォンの携帯電話向けURLフィルタリングや迷惑メール対策をはじめ、国内トップシェア※を誇るURLフィルタリング製品やURLデータベースの提供を行っております。加えて、今回の「i-revoアクセス(アイレボアクセス)」でのサービスのように、インターネットのインフラ部分を支えるサービスを展開することで、今後も、誰もが安心してインターネットをご利用いただける環境を実現していきます。

※ 出所:株式会社富士キメラ総研による市場調査レポート「2005ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」

 

■ネットスター株式会社について
ネットスターは、URLフィルタリングエンジン技術の開発とURLリストの収集と分類を行い、最新のURLデータベースを作成・配信する、国内では数少ない専門企業です。 同社のURLデータベースは、法人向け・家庭向けのURLフィルタリング製品だけにとどまらず、NTTドコモやボーダフォンのURLフィルタリングサービスや迷惑メール対策にも採用されています。http://netstar.jp

■株式会社インターネットレボリューションについて 本社:東京都港区 代表取締役社長:高橋 一也
2006年2月1日設立。コナミ株式会社と株式会社インターネットイニシアティブによる合弁会社。事業内容はインターネットポータルサイトの運営。ネットワーク社会において「きずな、やさしさ、安心、感動」を重視したサービスにより幅広いお客様に愛されるコンテンツとコミュニティの提供を目指しています。www.i-revo.co.jp/

■商標等
NetSTAR、ネットスターはネットスター株式会社の商標または登録商標です。その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。