会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスター、家庭向けURLフィルタリングソフトの無償提供を開始
~政府主導の「インターネット上の違法・有害情報対策」に協力~

2005年7月1日
ネットスター株式会社

 URLフィルタリング製品技術の開発およびURLリストの収集・分類・配信を行うネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下「ネットスター」)は、政府が6月30日に発表した「インターネット上の違法・有害情報対策」を受け、不適切なサイトの閲覧を制限できる「フィルタリングソフト」の家庭への普及促進および社会貢献の一環として、同社製家庭向けフィルタリングソフトの無償提供を開始することをお知らせします。

 ネットスターでは、夏休み期間に子どもたちが自宅でインターネットに接する機会が増えることを鑑み、安心してご利用いただける環境整備の一環として、3ヶ月間の無償提供に踏み切りました。
 無償提供対象製品は、本年4月に発表した家庭向けフィルタリングソフト「みんなでネット グーイ」です。
 「みんなでネット グーイ」は、家庭向けフィルタリングソフトの普及を阻害する要因となっている、「インストールや設定が難しい」「パソコンの動作が遅くなるのでは」といった利用者の懸念を解消すべく、「簡単な設定」や「利用時以外はパソコンに負担を与えない」といった特徴を持っています。 機能の詳細については、ネットスターのウェブサイトでご確認ください。

 ●製品名:「みんなでネット グーイ」
          製品機能等の紹介ページ      http://www.netstar-inc.com/goo-yee/
 ●提供方法:当社サイトからのダウンロード提供
          ダウンロードページ             http://www.netstar-inc.com/goo-yee/download.html
 ●提供内容:90日間、製品の全ての機能を制限なくご利用いただくことができます。

  ネットスターではこれまでも、財団法人インターネット協会の「レイティング・フィルタリング協議会」をはじめ、フィルタリング技術の研究・普及活動に積極的に参画・協力してまいりました。
  今後は、「子どもと一緒にインターネットを楽しむ」保護者のためのポータルサイトhttp://www.goo-yee.comや、夏休み期間中に開催予定の親子向けインターネット安全利用教室などを通じて、インターネット安心活用のための啓発活動をより広く展開していきます。
 

■ネットスターについて
 ネットスターは、URLフィルタリングエンジン技術の開発とURLリストの収集と分類を行い、最新のURLデータベースを作成・配信する、国内では数少ない専門企業です。ネットスターが収集・分類するURLリストは毎日更新されており、2005年6月現在の配信URLリストは3,300万件に達しています。
 現在、ネットスターがURLデータベースおよびエンジン技術を提供している製品・サービスは以下のとおりです。
◎URLフィルタリング製品・サービス
     「InterSafe」シリーズ (アルプス システム インテグレーション株式会社)
     「InterScan WebManager」シリーズ (トレンドマイクロ株式会社)
     「Asset View HYPER F」 (株式会社ハンモック)
     「Kid’s iモード プラス」 (株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ)
     「みんなでネット グーイ」「同 グーイ ファミリースタイル」 (ネットスター株式会社)
◎迷惑メール対策サービス
     「URLリンク付きメール受信拒否サービス」 (ボーダフォン株式会社)
◎アクセスログ解析製品・サービス、その他
     「Surf Watcher」 (株式会社ハンモック)
     アクセスログ分析サービス (キヤノン電子株式会社)
     「瞬!ワード」 (ニフティ株式会社)

■商標等
※NetSTAR、ネットスター、グーイはネットスター株式会社の商標または登録商標です。※InterSafeはアルプス システム インテグレーション株式会社の登録商標です。※InterScanWebManagerはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。※その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。