会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

ネットスターのURLデータベースが、NTTドコモ「Kid’s iモード プラス」で採用
~携帯電話業界初の本格的なURLフィルタリングを実現し、未成年者の利用にも安心を提供~

2005年6月27日
ネットスター株式会社

 URLフィルタリング製品の開発およびURLリストの収集・分類・配信を行う専門企業、ネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下ネットスター)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村 維夫、以下NTTドコモ)が7月に提供を開始する、携帯電話用URLフィルタリングサービス「Kid’s  iモード プラス」に、ネットスターのURLデータベースが採用されたことをお知らせします。

 「Kid’s iモード プラス」は、「アダルト」「出会い」「ギャンブル」など、未成年者の健全な育成の妨げとなる恐れのあるカテゴリに属すると判断されるウェブサイトの、携帯電話での閲覧を制限することができる、オプションサービスです。ネットスターでは、この閲覧制限機能に必要な、数多くの携帯電話向けウェブサイトをカテゴリ分類したURLデータベースを、NTTドコモに提供いたします。

  携帯電話向けウェブサイトには、実際に携帯電話からのアクセスでしか内容が確認できないものも多く存在するなど、そのURL収集・分類・登録には、独特のノウハウが必要です。
  ネットスターでは既にパソコン向けのウェブサイトURLの収集・登録のために、国内最大規模の体制を構築、運営してきましたが、携帯電話を用いたウェブアクセスが急増する状況に先行して、昨年度より、携帯電話向けウェブサイト専門の収集・分類体制構築にいち早く取り組んで参りました。
  この結果、携帯電話向けウェブサイトについても、高精度なURLデータベースの提供が可能になり、このたび、本格的な商用システムとしては初の、携帯電話向けURLフィルタリング用のURLデータベース配信サービスを実現するに至りました。

  ネットスターでは、既に国内トップシェア※を誇る、パソコン向けURLフィルタリングのためのURLデータベースに加え、今回のNTTドコモによるサービスのように、今後は「パソコン以外からのインターネットアクセス」についても、誰もが安心してご利用いただける環境を実現することで社会に貢献すべく、より多くのパートナーとさまざまな形態での協業やサービス提供を進めていきます。

※ 出所:株式会社富士キメラ総研による市場調査レポート「2004ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」

             

■ネットスターについて
 ネットスターは、URLフィルタリングエンジン技術の開発とURLリストの収集と分類を行い、最新のURLデータベースを作成・配信する、国内では数少ない専門企業です。ネットスターが収集・分類するURLリストは毎日更新されており、2005年6月現在の配信URLリストは3,300万件に達しています。

現在、ネットスターがURLデータベースおよびエンジン技術を提供している製品は以下のとおりです。
◎学校・家庭、企業、官公庁向けURLフィルタリング
     「InterSafe」シリーズ (アルプス システム インテグレーション株式会社)
     「InterScan WebManager」シリーズ (トレンドマイクロ株式会社)
     「Asset View HYPER F」 (株式会社ハンモック)
     「みんなでネット グーイ」「同 グーイ ファミリースタイル」 (ネットスター株式会社)
◎迷惑メール対策
     「URLリンク付きメール受信拒否サービス」 (ボーダフォン株式会社)
◎アクセスログ解析、その他
     「Surf Watcher」 (株式会社ハンモック)
     アクセスログ分析サービス (キヤノン電子株式会社)
     「瞬!ワード」 (ニフティ株式会社)

■商標等
NetSTAR、ネットスター、グーイはネットスター株式会社の商標または登録商標です。iモードはNTTドコモの登録商標です。InterSafeはアルプス システム インテグレーション株式会社の登録商標です。InterScanWebManagerはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。