会社情報|プレスリリース

このページを印刷する

難しかったフィルタリングを簡単に
家庭向けURLフィルタリングソフト「みんなでネット グーイ」の提供を開始

2005年4月14日
ネットスター株式会社

 URLフィルタリング製品技術の開発およびURLリストの収集・分類・配信を行うネットスター株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小河原 昇、以下「ネットスター」)は、家庭向けURLフィルタリングソフト「みんなでネット グーイ」シリーズの提供を開始することをお知らせします。このうち、「難しそう、よく分からない」との理由でURLフィルタリング導入にまで至らなかった標準的なパソコン利用者にも親しみやすく、パソコンへの導入負荷も小さい「みんなでネット グーイ」を、同シリーズを期間限定でお試しいただける、プレビュー版としてご提供します。本日よりネットスターのウェブサイトにて無償でダウンロードいただけます。また、本年第2四半期中には、家族コミュニケーション機能を搭載した製品「みんなでネット グーイ ファミリースタイル」の販売を開始する予定です。

 ネットスターの「第2回 家庭でのインターネット利用実態調査」(2005年2月)によれば、子どものインターネット利用について「有害サイトや閲覧して欲しくないサイトへのアクセスを規制したい」とする保護者は77.5%にものぼり、子どものネット利用は一定程度管理されるべきとする意識を持つ方がほとんどであることが分かりました。併せて、URLフィルタリングの必要性についても「必要だと思う」との回答が78%に達し、昨年8月の同調査よりも20ポイントも増加する結果となりました。これには、インターネットの利用を通して子どもが痛ましい事件や事故に巻き込まれることについての報道が、大きく影響していると考えられます。
一方、URLフィルタリングの導入率については前回調査時点(10.2%)よりも上がったものの、12.6%と低調な結果となり、URLフィルタリングが「必要だと思う」との意識が高いにも関わらず、導入率には大きな変化は見られませんでした。
家庭でのインターネット利用管理の取り組みの必要性が、各種報道でしばしば取り上げられているにも関わらず、URLフィルタリングの導入に結びつかない理由について、ネットスターでは、前回調査時点で明らかになった「URLフィルタリングについてよく分からない」「親にとっても不自由になりそう」「設定が難しそう」といった点に着目、これらを解消する製品として「みんなでネット グーイ」を開発いたしました。
従来のURLフィルタリング製品では、導入時点で、お子さまなど利用制限対象者の年齢や利用時間に合わせて、保護者などがフィルタリングルールの設定を個別に行う必要があるため、標準的なパソコン利用者には面倒と思われることがありました。またプログラムがOSに常駐するために、動作が遅くなるのではなどの懸念もありました。
「みんなでネット グーイ」シリーズでは、簡単な機能で動作も軽快なブラウザ用ツールバー方式を採用しており、標準的なパソコン利用者にも安心して導入いただけます。

 ネットスターでは、今回のプレビュー版「みんなでネット グーイ」をはじめ、「子どもにもインターネットを安心して使わせたい」という保護者の本当の思いを支えられるようなURLフィルタリング製品の開発を続け、今後も自社およびパートナー各社を経由した、より広範囲な提供と普及に取り組んでいきます。

■「みんなでネット グーイ」の概要
●世界で初めてインターネットエクスプローラー用のツールバーにURLフィルタリング機能を搭載。標準的なパソコン利用者やお子さまにも親しみやすいインターフェースを実現しました。ツールバーを利用しているため、インターネットを利用しているときのみ(ブラウザ起動中のみ)URLフィルタリングが稼動するため、OSに常駐する従来の製品に比べて軽量で、安定した動作を実現しています。

●難しいと思われているフィルタリングの設定を、自動設定に
制限対象者(お子さま等)の生まれた年と月を入力するだけでネットスターの定めるフィルタリングルールを自動適用。一度設定すれば、お子さまの成長に合わせてフィルタリングルールが適用されるため、面倒な設定変更などの手間がありません。

●簡単モード切替
ブラウザを立ち上げると自動的に制限対象者(お子さま等)の設定となります。フィルタリングによる制限が必要無い方は、パスワードを入力するだけで管理者モードに切替可能。切り替えた後は、ブラウザを閉じると、自動的に制限対象者(お子さま等)の設定に戻るので、面倒な設定変更をする必要がありません。

●製品名:みんなでネット グーイ
●提供開始日:4月14日木曜日
●提供方法:ネットスターウェブサイト(http://netstar.jp)にてダウンロード提供
●インストール後、30日間の無償利用が可能です。

■「みんなでネット グーイ ファミリースタイル」について
本年第2四半期に発売予定のURLフィルタリング製品「みんなでネット グーイ ファミリースタイル」では、家庭内での複数台のパソコンの管理が可能になります。管理者側(保護者など)のパソコンを管理PCとして、フィルタリング用の管理ソフトウェアをインストール。規制対象者(お子さまなど)のパソコンには、フィルタリング機能を搭載したインターネットエクスプローラ用のツールバー(「グーイ」)をインストール。ツールバーでURLフィルタリングを行い、管理者側ではフィルタリングルールの詳細設定や管理を実現します。機能詳細については後日発表となります。

●製品名:みんなでネット グーイ ファミリースタイル
●提供開始日:2005年第二四半期(予定)
●販売価格、ご提供方法(販売元)の詳細については後日発表となります。



■ネットスターについて
 ネットスターは、URLフィルタリングエンジン技術の開発とURLリストの収集と分類を行い、最新のURLデータベースを作成・配信する、国内では数少ない専門企業です。全世界のウェブサイトを対象に自動収集/分類した候補リストに対して、国内最大規模の体制でカテゴリの目視確認を行った上で、カテゴリ分類済みURLマスターデータベースに登録します。

2001年4月の会社設立以降、ネットスターが収集・分類するURLリストは毎日更新されており、2005年4月現在の規制対象URLリストは、3,000万件に達しています。このうち日本語ウェブサイトの構成割合が約70%と、国内での利用に最適化されているのが特徴です。また、パソコン以外でのインターネット利用が増えている現状を鑑み、携帯電話用ウェブサイトのリスト化にも本格的に取り組んできました。

ネットスターがURLデータベースおよびエンジン技術を提供している主なURLフィルタリング製品としては、アルプス システム インテグレーション株式会社の「InterSafe」シリーズと、トレンドマイクロ株式会社の「InterScan WebManager」シリーズがあり、それぞれ企業・自治体や学校、家庭向けまで幅広く販売・サービス提供されています。さらにネットスターでは、アクセス分析製品向けオプションソフト提供や、大手ISPの検索付加価値サービス支援システムでの採用、大手携帯電話事業者の迷惑メール対策での採用など、URLフィルタリング用途以外でのデータベース応用展開も進めています。

※ネットスターは、国内で利用される主要なURLフィルタリング製品のうち、「InterSafe」シリーズ(開発・販売元:アルプス システム インテグレーション株式会社)および「InterScan WebManager」シリーズ(開発・販売元:トレンドマイクロ株式会社)に対して、製品の要となるURLデータベースおよびフィルタリングエンジンを 提供しています。これら二製品の合計数値は、2003年度実績シェア30.5%(金額ベースでは22億円)、2004年度見込シェア33.3%(同31億 円)と報告されています。(出所:株式会社富士キメラ総研による市場調査レポート「2004ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」)

ネットスターウェブサイト http://netstar.jp


■商標等
※NetSTAR、ネットスター、グーイはネットスター株式会社の商標または登録商標です。※InterSafeはアルプス システム インテグレーション株式会社の登録商標です。※InterScanWebManagerはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。※その他記載の商品名、社名は一般に各社の商標または登録商標です。